マイクロソフト セキュリティ更新プログラム2019年2月

スポンサーリンク

本日はマイクロソフトの月例のセキュリティ更新日です。
更新対象のプログラムは以下の通りです。

Adobe Flash Player
Internet Explorer
Microsoft Edge
Microsoft Windows
Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
ChakraCore
.NET Framework
Microsoft Exchange Server
Microsoft Visual Studio
Azure IoT SDK
Microsoft Dynamics
Team Foundation Server
Visual Studio Code

https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2019/02/13/201902-security-updates/

2019年1月の更新でExcel2010、Access2010が動作しなくなる問題は今回の更新にも修正プログラムが含まれている模様です。
今まで更新がされなかった、出来なかった方は更新すると解消されると思います。

そのほかはいつもあるような内容で、更新しないとリモートでコードが実行されるものが多いです。
Adobe Flash Player
Internet Explorer
Microsoft Edge
Microsoft Windows
Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps

これらのソフトウェアは利用されている方が多いと思います。

自動更新になっている場合も多いですが早めの更新をお勧めいたします。
インターネット接続回線の速度が遅い場合は更新に失敗し、最悪パソコンが起動しなくなることがあります。

回線速度に不安がある方はお預かりして更新することも可能な場合もありますのでご連絡ください。
旭川市内は引き取り、お届け2回分の出張料を含めて期間限定価格7,779円(税別)です。

またWindows7のサポート期限もあと1年を切っていますのでお使いの方は新しいパソコンへの買い替えをお勧めいたします。
Windowsをアップグレードしたら(快適に)使えるというのはごく一部です。
手間暇や費用を考えると新しいパソコンへの買い替えのほうがお得です。